<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ぐんま行き その4

ぐんまよりの帰りは行きにも増してばたばただった。

帰宅ルートは以下の通り。
上越新幹線にて東京へ
東京から浜松町経由で羽田空港
羽田空港→福岡空港→佐賀

上越新幹線に乗るために駅まで向かう。
出張先を出るのが遅れたため、すでに17時を過ぎている。
羽田発は20時05分。
乗り換え案内で調べると18時04分の新幹線で羽田到着が
19:48分。
くぅー!しびれるほどタイトなスケジュール!
行きと同じく、気分はトムクルーズである。
そういえばミッションインポッシブルの1作目はラスト付近
列車でのアクションだった。高まる気分は無限大である。
幸い、新幹線には乗れたのでほっと一息。
ヘリコプターに追われることも無く東京以降の乗り継ぎに備える。
東京からの乗り換えは非常にスムーズだった。
これも行きの乗換えで東京駅をくまなく歩き回った成果である。
と、言いたいところだが、帰りは山手線への乗り換えなので
よっぽどのお間抜けさんでなければ乗り間違うことはない。
(ごくまれに逆向きに乗ったりする場合あり。)

そんなこんなで、空港に無事到着。
乗り換え時間のロスが少なかったせいで19:40頃であったが
それでも十分ぎりぎり。おかげでお土産を買うことも出来なかった。

こんどはもっと余裕のあるスケジュールで動きたいものだ。

そんなわけでわたくしにとってのぐんまとは、非常にいそがしくて
何もないところでした。
いや、ぐんまが悪いわけではないんだけどね。
[PR]
by kerohiko | 2006-03-31 23:00

ぐんま行き その3

かくして、無事に(?)ぐんまの目的駅へ到着。
駅前のホテルが満室だったため11時過ぎにホテルを探して彷徨う30台男性。
にぎやかな街であれば呼び込みの方々が放っておかないところであるが、
到着駅の周辺はすでに真っ暗。前回の都城とどっこいの寂しさだ。

それにしても寒いぞぐんま。
この寒さならコートが要るではないか。

なんとか空いてるホテルを探し当て、落ち着く。
気の利いた居酒屋でもないかと思ったが、駅前ですらまっくろくろすけな
この土地。唯一明るいのはコンビニという始末である。
かくしてぐんまでの晩餐は近くのコンビニですますのであった…

とほほほほ…
[PR]
by kerohiko | 2006-03-29 23:59

ぐんま行き その2

肥前麓でみごとに乗り遅れたわたくしは途方にくれた。
なにしろ田舎。交通機関はちゃりか車という場所である。
バスなんていうのは列車よりも本数が少ないのではないか?

仕方なく次の列車までほけーっと待つ。
それにしてもお肌が心配になるほどいい天気だ。

数十分後、無事に列車に乗ることができた。
その後は鳥栖で乗り換え、博多で降りる。
お金が乏しかったので郵便局へ行き、CD機でお金をゲット。
地下鉄で福岡空港へついたのはフライトの二十数分前という
危うさだった。よかった。間に合って。

東京に着くとそこからはJRで目的駅までねこまっしぐら。
の予定だったのだが、東京駅で何線に乗ればよいかしばし迷う。
路線の案内図を見るが、目的駅の名前が見つからない。
目的駅はちょうど案内図に載っている範囲の少し外側にあるようだ。
職員に尋ねるのはなんとなく負けたような気がするのでがんばって
路線を探す。
こういう無駄な意地をはってしまうのは地方住民の悲しい性である。

結局目的駅に着いたのは夜の11時近くであった…
[PR]
by kerohiko | 2006-03-29 23:57

ぐんま行き その1

先週に引き続き出張である。目的地はぐんま。
地図でいえば東京の左上の方らしい。

前日の夜に急遽出張が決まりあわただしい出張となった。
駅名と向こうで落ち合う人の電話番号を知らされて急ぎの出発だ。
まるで指令を言い渡されたトムクルーズのような気分で、わたしは
駅へ向かった。

ぐんまとはこれまで一度も訪れたことのない土地である。
すこしだけ楽しみな道行きだと思っていたら、会社をでるとこから
いきなりつまづいた。
ぎりぎりの電車へ間に合わせようと必死でダッシュを始めた矢先に
番号非通知の着信である。
こういう間の悪い番号非通知は間違いなく会社からの電話だ。
電話に出ると出張で必要な図面が出たのでもって行けとのこと。
だからそれはメールで送っておいてくれと言ったではないか!
心の叫びを飲み込んで、もう出発したのですが…と、下手に出る
サラリーマンなわたくし。
相手は妙に必死で、3階の窓から落とすから拾ってくれとまで言いやがる。
仕方なくわたくしは受け取りに向かった。
結局地階から3階へとのびる荷物受け渡し用スロープを駆け上がり、
図面を受け取ったのだが、すでにここで呼吸が荒くなる。
その後スロープを駆け下りて一目散に最寄の駅へ。
約15分間、気持ちだけ全力疾走を続ける30代男性。
気分はトムクルーズどころではない。
せめてこの邪魔なPCさえ持ってなければまだまだいける(はず)なのだが
現実はきびしい。
必死で走った結果、駅まで数百メートルというところで列車は駅へ到着。
30台男性のがんばりもむなしく、列車はすばやくタッチアンドゴー。
肥前麓駅にも到着する各駅停車のくせにこんなときだけやけにすばやい。

かくして、ねらっていた列車を逃がしたわたくしは、肥前麓駅で50分ほど
待たされることになったのだった…。

ぐんま。着けるのか?
[PR]
by kerohiko | 2006-03-29 23:49

歓迎!

歓迎!きっく!

と、いうわけで、劇団にあたらしい仲間が増えた。
そうは言っても、これまでも散々お世話になりっぱなしだったのだから
むしろ遅すぎた入団とも言えよう。

久々に劇団に顔を出した先週はきっく病欠につき会えなかったが、
今週は会うことができた。
今後ともよろしくお願いします。>きっく

こいつは春から縁起がいいっすね。
[PR]
by Kerohiko | 2006-03-25 19:46

社会復帰その5

昨夜のがんばりもあって本日の仕事は順調。
早い時間に帰路につくことができた。

来たときと逆ルートで佐賀へ向かう。
鹿児島中央で少し寄り道。駅横のデパートみたいなとこで素敵な
焼酎専門店を発見した。
鹿児島ならではの、県内限定焼酎が山のようにあるではないか!
ちょいと自分へのお土産を購入。
5合壜一本だし、かわいいものだ。

お土産に買ってこようと思っていた宮崎名物なんじゃこりゃ大福は
都城の駅にはなかったため、鹿児島で代わりの土産を物色する。

うーむ。鹿児島はやっぱりかすたどんか?
むらさきいも饅頭か?

しばし悩んでどちらも購入。

これで鹿児島に未練はない。あとは一路佐賀へ向かうのみだ。
(ただし乗り換え2回)

こうして社会復帰となる出張は無事に終わったのである。
[PR]
by Kerohiko | 2006-03-24 20:44

社会復帰その4

そんなこんなで出張2日目。
色々と調査や調整に時間をとられ、気づくと23時になっていた。

今日は昨日よりよいホテルらしいので少し期待しながら会社を後にする。

そしてたどり着いたホテルは妙に田舎くさい厚生年金施設だった。
同行してくれた上にホテルを手配してくれた人には申し訳ないが、
軽く殺意を覚える。
今日のホテルは駅近くでもない。コンビにも遠いではないか…

薄暗いフロントを通り、とぼとぼとコンビにまで行く。
ささやかな幸せ:ビールを購入。

部屋で飲みながらちょっと落ち着くころに妻よりメール。

お誕生日おめでとう。

そうだ。日付が変わると誕生日だった。
しばし祝杯気分を満喫した深夜であった…
[PR]
by Kerohiko | 2006-03-23 23:35

社会復帰その3

なんとか初日のお客先での仕事を終え、ホテルへ向かう。
都城の駅前のホテルである。

知らなかったが、都城はあまり都会ではない。
佐賀駅よりも断然寂れた駅前は、鳥栖駅といい勝負だろう。
駅前のくせにめぼしい居酒屋も見当たらないため、さびしく
コンビに弁当で夕食をとる。
かるくビールを飲むのが唯一の楽しみ。明日への活力だ。
[PR]
by Kerohiko | 2006-03-22 20:30

社会復帰その2

そんな訳で、いきなり出張。
行く先は宮崎県である。

仕事で宮崎に行くのは初めてだけど、実に遠い。
同じ九州内とは思えない。

佐賀からのアクセスはひとまず8時のJRで鳥栖まで。
鳥栖からリレーつばめとやらで新八代へ。
新八代で新幹線に乗り換えて鹿児島中央へ到着。
鹿児島中央から在来線の日豊本線へ乗り換えて都城。
さらに乗り換えて目的の山の口駅へようやくたどり着く。

到着時刻は13時。
駅についただけで今日の仕事は終わった気がする。(気のせい)

さあこい。お仕事。
[PR]
by Kerohiko | 2006-03-22 20:08

社会復帰その1

社会復帰!
というか、会社に復帰した。
実に11日ぶりに出社である。

会社に行くと机が無くなっていた。

実はわたくしが休んでる間にちょうど事務所の模様替えが
行われたのだが、実験室に机のある人間は事務所の机が
取り上げられたのだ。
確かにお弁当を置いとくくらいにしか使ってなかったけれど
ほんとに事務机がなくなるとは…。

聞いてはいたことだが、微妙にリストラ気分を味わう。

次回の模様替え(時期不明)には事務机復活の予定だとか。

さあ。久々の仕事!
え?休日明けから出張へいけって?
ははは…。
がむばります。
[PR]
by Kerohiko | 2006-03-20 21:56 | 病気