<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

怪談

アルカス佐世保にて佐野史郎の朗読を観てきた。
怪優、佐野史郎が小泉八雲の怪談をピックアップして朗読を行うという企画で
非常に興味をそそられる内容だ。
しかもこの企画、なんと共演者が山本恭司氏である。
Kyoji Yamamotoと言えばBowow、Vowow、Wildflag、などで有名な
ハードロックギタリストである。
今回の企画でなぜこの組み合わせが実現したかって言うと、実は佐野史郎氏と
山本恭司氏は高校時代の同級生だそうで、小泉八雲縁の松江出身なのだそうな。

わたくしとしては憧れのKyoji Yamamotoを生で観れるってだけでもお腹いっぱい
なのに、好みの題材の朗読と一緒に楽しめるってことで期待しまくりだった。

そして会場に入ると舞台上には2脚の椅子と譜面台。
上手側の椅子の傍にはギターとサンプラー。
客入れの音は、ピチャピチャという水音にかすかな虫の声…

す…すてきすぎる…

そして本編は正に圧巻!
唸るギターの音で始まると、心音をギターでをかき鳴らす。
どくん、どくん、どくん…
あれ?ギター弾いてなくね?

うわっ。最初の音をサンプリングしてリピートしてんのかぁ。
その後はベースのメロディを弾いたかと思うとそれをサンプリングして
どんどんギターのフレーズを重ねていく。

そして雰囲気十分なところでおもむろに呟くような朗読が始まる。
まさに鳥肌もんの舞台である。

今回のメインであろう耳なし芳一ではとてもギターとは思えない
琵琶の音が鳴り、その音に負けない亡霊の恐ろしい声が会場に響く。

ほんとにお腹いっぱいになる豪華な舞台でした。
このシリーズは既に2本松江と東京で上演されてるそうで、今回(3本目)は
初の九州での上演だったらしい。
ぜひまた別の演目で九州にきて戴きたいものだ。
[PR]
by kerohiko | 2009-07-31 23:36 | 舞台

ねこのおんがえし(裏話)

ねこのおんがえし

キャスト3人に加えて重要な役割を担う明智さんという人がいる。
本番では電話先に居るであろう設定で舞台には登場しない。
しかし、脚本段階では、一部声のみの出演となっていた。
いや、それどころか、実は配役も決まっており、本番の数日前まで
実際に声だけの出演をしていたのだ!

気になる配役は、
パターンA:立石
パターンB:仁誠
(1日毎に交代予定であった)

これがどっちもおかしくておかしくて。

本番前にはいろいろと驚きの変更があるものですなぁ。
[PR]
by kerohiko | 2009-07-28 12:27 | 芝居

大博打!

夏の大博打が終了しました!
6日間の公演っていうのは初めてでしたが、なかなか楽しい経験でした。
ご来場くださったみなさまありがとうございました。
本当にタイトなスケジュールで、今は無事に終えた事にほっとしています。

しかし、スケジュールとか個人のどうこうとかはお客さんには関係ないし
不十分だった点は反省せねばなりません。
ああすればよかったなぁと思う事も多々あります。
その点は素直に反省…
つぎにつなげたいと思います。

それではまた次の機会にお会いしましょう!
[PR]
by kerohiko | 2009-07-27 00:14 | 雑記

ありがとう

Ziシアター夏の大博打!ねこチームの公演は無事終了しました!

ご来場いただいた皆様。応援してくださった皆様。ありがとうございました。
思えば今回の企画は2月公演が終わった頃から動き始め、昨年に続き
金ショー&ステマロの連動公演として上演することとなりました。

しかーし!

金ショーと7月大博打のキャラメリゼは全く別キャスト!

金ショーの練習をやりながら「ねこ」の脚本書くこととなり
思いの外いっぱいいっぱいになってしまった。
しかも金ショー終わりから猫本番まではほぼ一ヶ月。みじか!
いや、正直なところ、いっぱいいっっぱいいっぱいくらいに追い詰められてたかも…
でも多少の無謀はしかたない。好きでやってることだし。

初日から最終日までいろんなことがありましたがお客様と楽しい時間が共有できたと思います。
芝居ってほんとにお客様に観てもらったときに作品として完成するものです。
あのとき笑ってくれた方、あのときに驚いてくれた声が作品の大事な一部なんではないかと思います。
そういった意味でも、観に来てくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

さて残るは最後の大博打!
キャラメリゼの千秋楽です!

見所は、
何より4月より入団のイワヤ・キャンベル・ナオミ演じる3代目グリコの妙な個性。(いい意味で)
そして同じく3代目マスター、フルカワ・カオリの隙間芸。
さらに、絶対自分がやるつもりはなかったであろう、脚本家辻のオタク好青年モリナガ!
こうして見るとなかなか見れないキャスティングです。

皆様のご来場をお待ちしています!
[PR]
by kerohiko | 2009-07-24 13:16 | 芝居

楽日(ねこチーム)

うわわ!
気がついたら楽日っすよ!
初日がついこの間で先は長いな−と思ってたのがもう楽日…
(りぜチームは明日までですが)

なんやかんやで本番の回数が多いのは楽しい!
日曜日から始まって金曜まで。
結構いい感じですすんでる気がします。

ラストの舞台です。
皆様のお越しをお待ちしています!
[PR]
by kerohiko | 2009-07-23 13:44 | 芝居

初日!

劇団Ziシアター夏の大博打!
本日無事に初日を迎える事ができました!
なかなか今回はいろいろと(個人的に)不安定な感じでしたが
なんとか初日は終了〜

ほんとに今回は余裕がなくって(個人的に)毎回来てくださる
方々にも十分なご案内ができませんでした。
ほんとうに申し訳ない…

当日券できて頂いた方々、本当にありがとうございました。
本当に感謝してもしきれないです。

さて、残るは2回!

楽しい舞台をお見せできるよう、気合いを入れていきたいと思います。
[PR]
by kerohiko | 2009-07-20 00:19 | 芝居

ノンポリなのだが

ノンポリってのはノンポリティカル、つまり政治には無関心ってことだ。
学生運動が盛んだった世代はいざ知らず、それ以後の世代は政治に
ほとんど無関心だと思う。
なんとなく近づいてはいけない世界、なにか市民生活とはかけ離れた
世界のように感じられるのが不思議だ。
本当は市民生活に多大な影響を与えるのに毛嫌いしてしまう不思議。
そんな現象もきっとマスコミの情報統制に影響されているんだろうなぁ。
政治の話する人間==アサマサンソウな人たち
みたいなイメ−ジをもたされてる気がする。(被害妄想?)
とにかくわたくしはノンポリではあるのだが、最近は変だと思う事が多すぎる。
財源を示さないで夢のようなマニュフェストを出す政党の代表はどうして
あれだけつじつまのあわない説明して、問題ないと言い切れるのだろうか。
一度、頭の中を見てみたい。
ニコニコ動画の鳩料理を見て以来、愛すべきキャラではあるのだが…
正直、政権はとらないでほしい。
試しに一度…っていうのは社会党のときに懲りてるから無しだな。
[PR]
by kerohiko | 2009-07-09 11:48 | 雑記

ねこ その4

ねこの練習が続いております。

今日は初めて長話のシーンをやった。
ここはワタクシが台詞を入れねば話にならないシーンで
ほぼ独り語り。
自分で脚本書いておきながら自分の首しめてる感じ?
まあでも話のひとつの中核であり、なくてはならない
とこでもあります。
もうふたいきって感じ?

乗り越えねばならないとこであります。
[PR]
by kerohiko | 2009-07-06 23:47 | 芝居

ねこ(その3くらい?)

7月芝居
ねこのおんがえし
順調にもがいています。

産みの苦しみってやつですね

芝居作りの最初の苦しみはやっぱり脚本かな
そこは一応乗り越えた(たぶん)

脚本読みの段階を経て苦しみは演出と役者の元へ

役者は表現の壁と向き合い、演出は演出方針に悩むのだ
今はここ

その過程が苦しくもあり、楽しくもある

おっと、気づくとあと2週間?
苦しんでる時間ももう残されていない
がしがしつくっていこう
[PR]
by kerohiko | 2009-07-04 14:14 | 芝居

はあぁ…

かなしいことだが日本は変になってる

ニュース番組の流す内容は何かのフィルターがかかっている。
特にテレビはだめだ

恣意的編集は当たり前
何が重大なことなのかをか放送局が勝手に決める。
見せたくないことは10秒くらいで内容を曖昧に報道し
見せたい内容だけは延々と流し続ける
耳と目から入る情報は強烈に脳に残る

もしそれが間違った内容だとしても訂正はしない
訂正する時は数秒程度しか広報しない
電波は垂れ流しなんだから謝罪とか訂正も見た可能性のある人に
知ってもらうくらい垂れ流さないと効果がないよ…
一方的にギブオンリ−のマスコミ…
後から見返せる校正できるテキストのニュースが必要だ

最近思う
本当に文責取ってる報道人っているのかなぁ…

鳩山さんの政治献金問題
具体的内容をどこも報道しない

事実
死んでいる人から献金受けてたことにしてた
秘書が勝手にやったこと
何故秘書がそうしたのかわからない
(政治献金額のノルマなし だったらなんで?)
死んでないひとでも知らないうちに献金したとされていた。
ハトの返事は
いろいろあったけど私が雇った弁護士が調べるからいいでしょ?

報道したら小学生でも笑うくらい矛盾した馬鹿な内容の言い訳会見
ネット環境がない人は見る事ができない事実

事実をありのまま報道せずに意図的に偏向報道してるマスコミは価値がない。
事実を違うカタチで人に押し付けるマスコミ
ず−っと馬鹿番組作ってればいい。

テレビはこういってるが…
な感じの瓦版が要るんだろうなぁ
[PR]
by kerohiko | 2009-07-04 01:34 | 雑記