<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

映画〜

本日、ステマロにて高橋宗太郎シリーズ一挙2作品上映です。

高橋宗太郎と地獄の古本屋
高橋宗太郎と雨の殺人事件

本格クレイアニメ大作です。

どちらも面白い作品ですが、雨の殺人事件のほうがわたくしの
好みです。幻想的で。

ぜひ皆さん脚をお運びください。

8/29(土)
Dango茶屋 作品特集
Dango茶屋ゆるやか四畳半7 あきす
高橋宗太郎と地獄の古本屋
高橋宗太郎と雨の殺人事件

14時 ・ 17時 ・ 20時からの上映です。
ステージマロでお待ちしていま〜す!
[PR]
by kerohiko | 2009-08-29 10:41 | 雑記

ディクスン・カー

ディクスン・カーの本をさわりだけよんだ。
出だし、大好き。

実はこの本、彼の書いたラジオドラマの脚本だ。
(小説かと思ってかりたのだが)

おもしろかったら劇団で読み合わせでもせてみようかな。

Ziシアターは結構オリジナルの脚本ばかりで、既成の本を
読む機会が少ない。
じゃあなにか読みたいかって聞かれるとすぐにでてくる
脚本もそんなにないし。
そもそも自分も既成の脚本を読む機会を持ってない。

もっといろんな脚本に向かいあうってのは必要なのだろうな。
[PR]
by kerohiko | 2009-08-26 01:28 | 本棚

図書館

水曜に図書館に行った。
道尾秀介の本を借りようと思ったら貸し出し中だった。
他のものを物色し、ディクスン・カーの本を2冊借りてみる。
貸し出しの列で並んでいるとゼロマニメンバーであるいっくんと
遭遇。奇遇である。

ディクスン・カーは所謂推理小説の隆盛期を担った作家だ。
名前と作品名はよく聞くだが今回初めて読むことになる。
楽しみだ。
[PR]
by kerohiko | 2009-08-19 23:53 | 本棚

ソロモンの犬

道尾秀介

ソロモンの犬を読了。
これまで読んだなかで一番おもしろかった。
たぶんラットマンの方が技巧的には上なのだろうが、登場人物に
感情移入できる本作の方が好みだ。

引き続き別の作品を読んでみるか〜
[PR]
by kerohiko | 2009-08-18 11:38 | 本棚

国旗

党大会で日本国旗(日の丸)を掲げない政党がある。
講演や党の行事で国旗を揚げない。
前からよく言われてたことだ。
その民主党がこれまた妙なことをした。

a0023347_17333438.jpg

いままで知らなかったが民主党の旗は昇る朝日と水面に映る朝日らしい。
でもそんなのを国旗切り貼りしてつくるかなぁ…普通…。
公の場で、日本国旗を切り刻んで継ぎはぎして手作りした政党旗を揚げるって
どういう神経なんだろうか。仮にも日本の政党が。
民主党は本当にどこか奇妙なところがあるのだ。

民主党が外国人参政権に熱心だったり、
高校の学費無料化を含む児童手当の支給対象が外国籍でもOKだったり、
日本は日本人だけのものじゃないとか言ってみたり、
どこを向いている政党なのだろうか…
[PR]
by kerohiko | 2009-08-17 18:04 | 雑記

背の眼

道尾秀介のデビュー作を読んだ。

う−ん、なんていうか、残念な作品だ。
面白くなりそうなのに盛り上がれない。
終盤に謎に対する解釈がちらほらあるけど、
なんだろう。クイズやパズルの回答だけを
最後に見せられている感じとでも言おうか…

伏線と謎がうまく提示できてないため、読んでる人に
疑問をもってもらい損ねている感じかな。

それから怪異に対する解釈になんか一貫性が
ない気がする。その場に応じていいように
使い分けてるような…

それなりに面白いんだけど、なんかおしい!
そんな本でした。
[PR]
by kerohiko | 2009-08-17 01:27 | 本棚

ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群とは亡くなった大原麗子さんが患っていた病気だ。
原因不明でいろんな部位の運動機能が低下してしまう。

大学時代の友人がこの病気にかかったことがある。
彼の場合、ある朝突然全身が動かなくなってたらしい。
会社の寮住まいだった彼は、動かない体で電話まで這って行き、なんとか
寮の管理人さんへ電話して一命を取り留めたそうだ。
その後入院・闘病の結果、普通の生活ができるようになったが一歩間違えば
そのまま呼吸不全でもおかしくなかったというから恐ろしい。

僕が再会したのはもうだいぶ病状が回復したあとだったが、それでも医者から
酒は止められていた。
ちょっとくらい飲まないの?と尋ねると、彼は
死にたくないから
と笑っていた。

大原さんのご冥福をお祈りします。
[PR]
by kerohiko | 2009-08-14 09:33 | 病気

ラットマン

道尾秀介のラットマンを読んだ。

冒頭の始まり方は結構好きかも。
(図書館で冒頭パラ読みして借りたのだ。)

序盤〜中盤は淡々と進む。
殺人事件が起きてもあんまり謎がない。(ように読める)

ラストはなかなか面白かった。全編にちりばめられた伏線を
一気に回収しつつ、どんでん返しもあって。

でもなんだろう。
ロジックの構造美はあるけど感情に訴えるものが希薄な感じがした。
おお、すごいすごい。とは思うが感動できる何かが足りない感じだ。
感情移入できる人物がいないせいかもしれない。

次はデビュー作でも読んでみるか。
[PR]
by kerohiko | 2009-08-13 18:37 | 本棚

党首討論

注目していた党首討論。
民主党の具体性のなさと鳩山さんの能力のなさが浮き彫りになった
討論でした。
交互質問形式だったのだが、鳩山さんは聞かれたことに答えないで
どうもピントのずれた話ばかりする。ありゃだめだ。
ディベ−ト能力というか会話能力に難があるのではなかろうか。
いままで党首討論を逃げ続けたのもうなづける。
たぶん答えられる内容が無いんだろうなぁ。

この討論を見て民主党に投票しようとする人はいないと思う。
民主党がTVでの生中継をいやがるはずだ。

8/12 麻生・鳩山 党首討論

麻生内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論』生放送 1/5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7916254

麻生内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論』生放送 2/5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7916636

麻生内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論』生放送 3/5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7917152

麻生内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論』生放送 4/5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7917508

麻生内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論』生放送 5/5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7917896
[PR]
by kerohiko | 2009-08-13 04:18 | 雑記

ハローワーク

連日の手続きです。本日はハローワークへ。
車込むから大変よ〜って聞いてたので早めに第三駐車場へ。
てくてく歩いてハロワへ向かう。
あれ?駐車場まだ空いてんじゃん。
まあこんなこともあるだろう。
どきどきしながら受付へ。
受付のおねいさんからいきなり注意される。
「傘は傘立てに入れてください!」
はい。ごめんなさい。気づきませんでした。
必要書類にいろいろ書き込んで空いているカウンターへ。
担当はなんだか頼りなげなおじさんだ。
おじさんは記入済みの書類を受け取り目を通す。
おじさん何故か終始手が震えている。何か病気なのだろうか?
そんなことを考えているとおじさんから突っ込みが。
「ここ…月収ですけど…」
??
書類を見ると、一目瞭然。わたくしは間違っていた。
職探しに当たって希望月収を記入すべきところに希望年収を
書いているではないか!とほほである。
う−ん。手は震えていてもさすがプロ。するどいぞ。
もしここで見逃されていたら、どうなっていたことか…
月収○○百万の仕事が来たりして。いったいどんな仕事だろう。
振り込め詐欺くらいしか思いつかんな。(犯罪です。)
そんなこんなで色々とシッバイしつつもなんとか手続き完了。
次回の説明会までは一息である。
[PR]
by kerohiko | 2009-08-12 23:44 | 雑記