学びの多い日々

最近どうもいろんな方面でアンテナが反応している

今日もたまたまTree.jsというのを見かけたのだが、これすごいね~

WebGLという技術を使った作品がたくさんあったけど、なんか別世界を垣間見た気がする

ちょうど先日ReadyPlayerOneをみたのだが、なんかあの世界はほんとにそのうちやってくるかもしれんな

ReadyPlayerOneは簡単にいうと、世界の人々が現実世界に夢を見なくなり、仮想世界に依存している未来の話だ

コンピューターというものがどんな世界を生み出すのか

パーソナルコンピュータができた最初の世代としては、あと100年ぐらい先まで見届けたいもんだ


[PR]
# by kerohiko | 2018-06-02 04:44 | 雑記

忙殺される日々

早いもので2018年も1/4は終わってしまった

今年は明治維新から150年ということで忙殺される日々を送っている

2012年から始めた「幕末・維新 佐賀の八賢人おもてなし隊」の活動はおかげさまでまだ継続している

主に佐賀城本丸歴史館というありがたい場所をお借りして毎週日曜日に歴史寸劇を上演しているのだが

今年は維新150年ということでその他のイベントやなにやらで大忙しだ

2019年の1/14までは維新博期間ということで平常がピーク運転

Ziシアターは9月のこじーら本番に向けてがんばり中

こじーらの上演作品は「Welcome」

再演作品ではあるが、舞台美術も結構大がかりなんだよね

なにげにZiメンバーの出演も多いので楽しみである

[PR]
# by kerohiko | 2018-05-24 05:16 | 雑記

やすみがおわってしまった

すべてのモノには終わりがある。
まことにはかないものだ。。。

そんなわけで、年末年始のおやすみがおわってしまった。
今回の年末年始は大型の休みであった。

まず、12/27に病院で健康診断(再検査)があったため休みをとった。
年内の勤務日を考えると微妙な日付だが、医師の勤務日の関係なのでしかたない。
年内の残り勤務日も少ないので勢いで休みを取ったのだが、その甲斐あって?
12/28も引き続きの検査。
はからずも2日連続で検査となってしまったが、どちらもいわゆる「念のため検査」
というやつで大した心配があったわけではない。

「念のため胃カメラしたいですがいつが都合いいですか?」
⇒「明日暇です」
という計画性のない流れで気軽に予約したのだ。

しかし、この2日目の検査はちょっと思い出深いので特に記しておく。
なにしろ初めての胃カメラだったからだ。

うわさでは「最近の胃カメラは楽で~」と聞いていたのだが、全然そんなことなかったぞ。

横向きに寝た状態で緑の服を着たおにいさんがカメラを入れてくれたのだが、その時目のまえに
見えるのは多関節ですよ。多関節。

胃カメラって初めて体験したけど、なに?あの多関節?
スパイダーマンで言うならドクターオクトパス。
妙に生物的な動きを想起させるアレ。
やばいぞ、多関節。

それがなんつうか、経口、径喉、径食道、、、ああもうだめ。

視界の端に見えるのは黙々と作業をする緑の男。
なんかこんなの見たことあるような。。。

薄れゆく意識のなかで2017年に体験した光景が走馬灯のように流れて思い出されるのは、
ああ、あれだ。
エイリアンコヴェナントに出てきたアイツ。

胃カメラ操るお兄さん、マスク外した素顔はマイケルファスペンダーなんじゃねぇかという
絶望感を感じながら、正味10分くらいの荒行は終わり。
幸いなことに胃壁を突き破るナニカを植え付けられることもなかったようだ。(あたりまえ)

2017年最後に体験した「初めての胃カメラ」
もうこれだけで休みを語りつくしてしまったが、ソレ以前・以後ではなんか人生観が変わるような
思い出すだけでも。。。な体験。
こんな体験すると、「いつか脚本にしてやろう」なんて考えてるとこが芝居人だね。

そんなわけで、今年も健康でありますように。

[PR]
# by kerohiko | 2018-01-08 23:39 | 怖い話

怪獣を呼ぶ男

先日安藤さんから連絡があって、「怪獣を呼ぶ男」がDVD発売が決まったらしい。
いまや大々人気の星野源さんが出演している作品である。

わたくしも出演させていただいたのであらためて見るのがたのしみ。(ただしちょい役)

映像作品は撮影とかほんっとーに大変だけど、あとに明確な「もの」が残るのがうれしいね。

[PR]
# by kerohiko | 2017-07-08 23:20

はかなきものの…

芝居関連の雑記~

2017年Ziシアター公演予定の作品「はかなきもののものがたり」

これ、じつは、非常に個人的な作品です

わたくしの実体験や、想い、いろんなものが詰まっているのですが、作中では十分説明していません

もちろん、いろんなことを感じてほしくて、書いた作品でもありますが

大部分は見ている人の受け取り方におまかせにした作品でもあります

あなたに見ていただけることでようやく完成する

芝居というのは、そういう、限定的で特別なことができる表現媒体です

あなたにどう感じていただけるのか

それがとても楽しみです
[PR]
# by kerohiko | 2017-01-09 21:41 | 芝居

2017Ziシアター

あけましておめでとうございます~

ついに年が明け、2017年

今年は、こじーらの公演と平行してZiシアターの公演を計画しており、じっくり進行中です

詳細情報はこれからじょじょに公開予定です

ことしも皆さま、よろしくお願いします!
[PR]
# by kerohiko | 2017-01-03 10:38 | 芝居

もうすぐ2017年~

a0023347_16395051.jpg

ありがとう2016年
そして2017年へ

来年もいろいろなところで活動して参ります。

みなさまよろしくお願いします~
[PR]
# by kerohiko | 2016-12-30 16:38 | 舞台

生存確認

なぜかわからないがここの存在を忘れていた

ほぼ3年間いちども訪れた形跡がない

訪れた方がいらしたらごめんなさい

わたしは生きています

振り返ってみると原因は生活環境の変化というのがいちばんしっくりくる

現在わたくしは福岡のソフト会社に在職しているのだが、最初2か月くらいの予定で京都へ出張に

行くことになった

しかしこの出張、業務進捗の都合からいつのまにか半年以上の長期出張となったのだ

なりゆきで半年以上の京都生活である

その間、本来の生活拠点佐賀では、「佐賀の八賢人おもてなし隊」という、佐賀城本丸での

歴史寸劇活動を続けており、月に1~2回ほど週末に佐賀へ戻っては日曜日に芝居をして

月曜日には京都に戻るという、無駄にハードなスケジュールで生活していた

(ゴトウは夜行バスマスターの称号を手に入れた~ちゃららら~ん)

結局京都勤務はトータル8か月くらい

その後4か月ほどは福岡勤務となり安穏としていたのだが、その後なぜか熊本勤務となる

熊本は九州だし京都よりはぜんぜん近いよね~

と、わたしも思っていた

しかしだ、

熊本は京都より近いといっても、片道100キロくらいの距離で、車移動なら2時間かかる

実際は近くないよ~熊本~( ノД`)シクシク…

勤務先は、「ザ・製造業」という感じでやりがいがあるお仕事

職場のみなさまにもよくしていただき、仕事は楽しくさせていただいている

しかし、この職場、中国出張がやたらと多い

そんなわけでここ2年ほど、佐賀から出張で熊本に行き、さらにそこからの出張で中国に

行くことが増えるという、よくわからない状況が続いている

現在は少し落ち着いているが、振り返ると2016年は中国滞在日数160日というありさま

(;´д`)トホホ

そんな中でもどうにかすきまをぬって「八賢人おもてない隊」の活動は続けている

月に1・2回の出演は間違いなくクリアしているのだが、どうやって両立してるのか自分でも

よくわからない

そして2016年は終わろうとしているのだが、わたくしの旅はまだまだつづくようだ

~未完~
[PR]
# by kerohiko | 2016-12-21 05:12 | 雑記

2012〜2013

2012年はなんともてんこ盛りの忙しさ

Ziシアター公演から始まり
ナイトウォーク
佐賀歴史劇
八犬伝だったり八賢人だったり
こじーらあゆみに本当ノート

さがユースシアターでの学校訪問もあったし

市民映画『ライウマ』撮影なんかもあったり、

始めてのことばっかりの一年でした

2012年、出会ったみなさまありがとう

2013年もよろしくお願いします

m(_ _)m
[PR]
# by kerohiko | 2013-01-01 10:06

『THE 八犬伝』福岡

事後報告となりましたが、

吉祥じゅん&ワルキューレ
『THE 八犬伝』
福岡公演、無事に終了いたしました!

今回は白蟻もなく、最後まで無事に舞台を進行することができました。

ご来場くださったみなさま、応援してくださったみなさまに感謝申し上げます。

開演二十数分で白蟻の大群に見舞われ中止となった大分初日
白蟻の影にビクビクしながらなんとか公開リハーサルの形で行った大分二日目
そして、千秋楽にもかかわらず、初日となってしまった福岡公演

どの回も振り返ってみると楽しかった~!というのが率直な感想です。

唯一無事に終わったかに見えた福岡公演も、打ち上げ会場で話を聞くと
色んなところで色んな事が起きていました

あの時、実は○○で…

舞台上ではけっして見ることのないドラマがそこにはありました
いやぁ、ほんと楽しかった!

わたくしの役、鑑定士は物語世界には深入りしないけれど、物語の要になる
大事なセリフを口にする重要な役どころでした。

いや、ほんとにそれって物語のテーマそのものじゃないか?っていうくらいの、
物語世界で口にすると嘘くさくなってしまうようなセリフ

それを、あえて胡散臭いインチキ鑑定士に語らせることで、逆にセリフに真実味が

そんな感じで面白かったですね

大分公演のこともあり、まだまだ終わってないとのウワサもある『THE 八犬伝』

ともかく一つの区切りであります
[PR]
# by kerohiko | 2012-06-15 07:54 | 舞台