カテゴリ:舞台( 28 )

こじーら2nd

夏~な日々です

こじーら終わって余裕ができるかと思いきや、結構いそがしい日々

こじーら2nd絶賛募集中!締切間近!

テアトロこじーら2ndはAKBに対抗してTCZ表記にするらしい(嘘)

さてさてこじーら2ndは総勢何名になるのだろう

楽しみですなぁ
[PR]
by kerohiko | 2011-08-16 09:38 | 舞台

テアトロこじーら

テアトロこじーら 1st Stage

無事に終了しました!

テアトロこじーらは昨年の年末にスタートし、7月のステージを目指してきました

ほとんどが全く演技経験のない人たち

でも、ナニカを表現してみたい

そんな熱意を持ったメンバーたち

普通に仕事や学校に行きながらの稽古は思っているより大変です

そんな積み重ねを舞台の上で見せてくれたことに素直に感謝を

観客からの拍手は、きっと他では得難い大切なモノ

それを手に、みんながどこへ向かうのか

今は、それがとても楽しみです

こじーらメンバーを通して舞台に向き合えたことは自分にとってもこれまでにない、よい経験でした

演劇とは人とのかかわりであり

自分と向き合うこと

そんなことを改めて実感

テアトロこじーらメンバーのみんな

お手伝いくださった皆さま

そしてご来場くださった観客の皆さま

ありがとうございました

またいつか、どこかの舞台で
[PR]
by kerohiko | 2011-07-19 10:27 | 舞台

ままごと 『わが星』

ままごと 『わが星』

北九州に来てたので観に行った

なんつったらいいのか、

トリップしてしまう面白さ

あらすじなんか書く意味はない

言葉と物語と時間と空間が

膨張して収縮して

ばらけて堆積していく

壮大で不思議で楽しくてかわいらしくて

とにかくすごい舞台だった

いいもん観た〜
[PR]
by kerohiko | 2011-05-21 06:05 | 舞台

わが星

これは面白そう

ちょっくら行ってみっか

http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/event/2011/0519wagahosi.html
[PR]
by kerohiko | 2011-05-17 14:14 | 舞台

2月博多座

坂東玉三郎特別公演です!

演目は
A
・高野聖
・将門
B
・海神別荘

らしい。

うわ~泉鏡花~(将門以外)

観たいな~

はたしてその余裕が2月にあるのか??

どうせならどっちも観たいけど、さすがに無理かな~

むむむむ…
[PR]
by kerohiko | 2010-12-08 15:44 | 舞台

仕込み~

と、いう訳で3日は多久ミュージカルカンパニーの舞台美術仕込みでした。

あまり大がかりでなく、かと言ってシンプルでもなく、いい感じの舞台に

なったのではなかろうか。

結構思った通りの完成形に近付くことができた気がする。

いいなぁ。

布の多い舞台。

布染め用のステキ塗料も見つけたし、今後役に立ちそう。

一応場当たりは終了したので、今日からは通し~ゲネプロ~本番。

ワタクシは舞台スタッフとして転換作業に従事するのです。

目指せ影人間!
[PR]
by kerohiko | 2010-11-04 10:38 | 舞台

テクリハ・そして残すは…

昨夜のことですが、テクリハしました~

舞台も組みあがり、照明、音のきっかけをメインに、各シーンの確認です。

暗転中の板つきだったり、音・照明きっかけの出番だったり。

時間が無いので台詞は結構飛ばしながらのテクリハでしたが、やっぱり

本舞台で音・あかり入ると気持いい~

本番が楽しみです

考えてみると今日のゲネプロと本番4回

たった5回でガーネットオペラは終わるのです。

4月から週に2~3(4・5回?)の練習を続けてきて、

残すはあとたったの5回です。

舞台は生もの

失敗なんかもしちゃうかもしれないけれど、最後まで楽しむぞ~

皆様のご来場をお待ちしております!!
[PR]
by kerohiko | 2010-09-17 12:05 | 舞台

文楽

博多座で文楽をやってるってんで急遽見に行った

演目は義経千本桜の一部

人に変化した妖狐が静御前の鼓を追いかける
静御前が義経のとこに着くと、妖孤が化けた本人が
でてきて正体がばれてしまう
妖孤いわく
その鼓の皮は我が両親のもの
どうにも懐かしく付いてきてしまったがもう故郷へ帰る
それを聞いた義経は件の鼓を狐に渡す
狐は喜び、義経を加護すると約束し、天を駆けながら
故郷へもどっていった…

なんつうか、すごいね文楽
なにがすごいってほんとに人形が生きてるわ
静御前の舞も美しかった~
人形繰りの人は逆に表情も視線も変わらない

妖孤から人の変化も面白かった
義経の屋敷で妖孤がいろんなとこから出現するんだけど
当然ながら人形繰りのひとも一緒にあちこちから出現する
障子の向こうからケケーン(人つき)
書割の松の真ん中からケケーン(人つき)
お客さん大喜び

舞台の工夫もおもしろくて大満足だ

しかーし!

残念ながら義太夫節が何いってんのかわかんね~
あらかじめストーリー知ってないと無理
節回しが難しくて所々しか言ってることがわかんないよ~

勉強してから行くべきだったな
[PR]
by kerohiko | 2009-12-24 12:48 | 舞台

時間

時の流れを司る

場面が流れ
時間が流れ
心が動き
感情が変わって
関係が変化する

相互作用
そしてすれ違い

動くもの
動かないもの

脚本分析って微分積分だ
[PR]
by kerohiko | 2009-12-18 12:51 | 舞台

週末作業

週末は大道具作業~

作業内容は基礎舞台づくりですな。

今回のZEROZEROの舞台は結構シンプルです。



手がかかります。

なぜならば

久々の開帳場

だからです。

客演のみなさまのご協力もあり、結構作業がはかどった週末でした。

ありがとうございます~>みなさま
[PR]
by kerohiko | 2009-12-06 23:34 | 舞台